<   2010年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

アワビ飯風? エリンギの炊き込みご飯

暑いのでブログイメージも少し涼しげにしてみました。郡上八幡の湧き水です。

d0176383_1793521.jpg

昨夜は炊き込みご飯を作るぞ! っと、意気込んで高島屋に買い物に行ったものの、
閉店間際の売り場にお目当ての食材はなし。

あれこれ考えてみたものの、使えそうな食材は今日に限って無かったり高かったり、、、
まぁ、副菜でも買いますかと魚売り場にはツブ貝が、、、、

おっ! ピーンと閃きましたよ!! 

野菜売り場に行き、購入したのはエリンギです。 そう言えば数日前の陶板焼の際に
嫁が「エリンギの食感はアワビに似てる」と話していたのを思い出しました。

ならばアワビに似た食感のエリンギにツブ貝の味を含ませて炊いたらアワビご飯のように
なるのではないか!?


そんな淡い期待を胸に、その二つの食材を買って帰った次第です。

さて、ツブ貝はよく洗って醤油・砂糖・酒・水で炊きます。
沸騰したらよくアクをすくい、しばらく煮詰めます。 そこに手で割いたエリンギを
投入! しばし味を含ませます。
ちょっと味見してみるとウマ〜イ♡ これはいいんじゃないですか!?
d0176383_171412.jpg


ご飯は鰹でとった出汁に醤油・みりん・塩少々、それとツブ貝の煮汁を入れて炊きます。
ぐつぐつしだしたらエリンギを入れます。
炊きあがったら細かく切った三つ葉をたっぷり入れて完成です!!

アワビご飯とまではいきませんが、かなり旨い!! エリンギがしっかりツブ貝の味を
含んでいるので、噛めば噛むほど味がでます。
三つ葉の風味もアクセントになり、これは大成功です!!
d0176383_17121997.jpg

もちろんツブ貝も美味しくいただきましたよ♡ でも細かく切ってご飯に入れたら
もっと美味しかったかもね。
でも、それは次の課題にします。


本日の副菜

ピュアホワイトのすりながし
d0176383_17165182.jpg

d0176383_1717661.jpg

ピュアホワイトっていう真っ白なコーンで作ったスープです。
コーンの皮を剥き、身を包丁で削いで牛乳と生クリーム少々で炊きます。 
水もスープの素も出汁も何もいれません。 コーンが柔らかくなったら、ミキサーで
すりつぶして裏ごしします。最後に塩で味を調整して完成!!
純粋にコーンとミルクと塩だけですが、これがすごく美味しいんです♡


茄子の煮浸し
d0176383_1715319.jpg

先日作った煮浸しと違い、田舎風の煮浸しです。

自家製トビウオの一夜干し
d0176383_17194832.jpg

これはご飯よりも酒に合いますね。身がしっかりしてて、噛むほどに味がでます。
小骨が多いのだけが難点かな?
開き方間違えて頭の向きが逆なのは見ないふりをしてくださいね♡
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-30 17:21 | レシピ和食

黒酢風味の肉だけ酢豚

d0176383_933666.jpg

昨夜の夕餉は「酢豚」です。なんか今週中華づいてますね。。。
酢豚と言えば皆さんいろいろ好みがあると思います。 普通なら玉ねぎ・ピーマン・パイナップルなどを入れますよね。 僕が作るときは入れたり入れなかったり、その日の気分で作り方を変えています。
昨夜の気分はガッツリ肉を食べたい気分。 なのであえて野菜は入れずに肉だけの酢豚にしました。

材料
・豚肉300gくらい
・塩、胡椒
・紹興酒
・卵1個

[タレ]
・砂糖   90g
・黒酢   40cc
・米酢   40cc
・醤油   20cc
・紹興酒  20cc
・中華醤油 10cc(なければ醤油で)
・水    20cc
・水溶き片栗粉


作り方

塊肉を買ってきて、3cm角に切ります。塩コショウと紹興酒をふってしばらく置き、片栗粉を
まぶします。
この時、粉をつけたまま手のひらで肉をぎゅっと握りつぶします
これにより、粉と肉が馴染むばかりでなく、肉の角がとれて揚げた時に見た目が良くなるのです。

それを全卵と片栗粉を混ぜた液に付け、中温の油でしっかり中まで火を通します。
仕上げは高温でカラッと揚げてくださいね。

さて、豚を揚げている間にタレを作ります。水溶き片栗粉以外の材料を鍋に入れて沸かします。
豚が揚がったらタレに投入し、軽く絡ませ、水溶き片栗粉を入れてとろみを付けます。
この間はずっと強火で調理してくださいね。
仕上げに油を少し入れて照りをだして完成です!!

肉だけですが、黒酢の風味が効いているので案外さっぱりいただけます。

うちの奥さんは野菜が入ったほうがいいとブツブツ言ってらっしゃいました、、、(´Д`;ゞ、




本日の副菜

徳島産天然鮎の塩焼き
d0176383_1074054.jpg

やや小ぶりですが、やはり養殖とはまったく違う風味があります。

水牛のモツァレラ・プチトマト・ブッシュバジルのカプレーゼ
d0176383_107552.jpg

ブッシュバジルって知ってます??僕もはじめて見ました。
d0176383_9403769.jpg

ぜんぜん見た目バジルっぽくないんですが、香りはしっかりバジルです、、、

穴子と胡瓜の酢の物
d0176383_108843.jpg

穴子は和える直前に香ばしく焼き上げます。


以上、なんだか和・洋・中とバラバラな夕食でございました。


〜旦那のおすすめ情報〜

ところで、大阪の方は日本橋にある「上海新天地」ってご存知ですか??
一棟丸ごと中華なビルですが、ここの3階が中華食材のスーパーになっているんです。
これがすごい!! 調味料なんて現地以上に種類豊富ですし、食材もあひるやら上海蟹やら
なんでも揃ってるんです。
中華を作るんであれば、ここに来たらあらゆる材料が格安で買えますよ!!

※大阪以外に在住の方は通販カタログもあるみたいですよ♡ 見てるだけでも楽しいと思うし無料なのでいかがでしょう?? 詳しくはホームページを見てね。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-29 09:48 | レシピ中華

薩摩しゃもとバルバリー鴨の陶板焼

d0176383_1023510.jpg

昨日はいつものスーパーにて「薩摩しゃも」と「バルバリー鴨のもも肉」が安かったので
陶板焼にしました。

もちろん陶板焼なのでレシピ紹介とはいかないんですが、そこの奥さん、単なる焼き肉でも
豪華に見せるテクニックがありますよ♡

それがこれ
d0176383_1025455.jpg

いろいろ楽しめるように、とにかくタレや薬味を盛りだくさん食卓に並べるんです。
特別なものがなくても冷蔵庫などに入っている中から、お肉に合いそうなのを見繕って下さいね。

ちなみに今回は

・ポン酢
・チベットの温泉玉子風味岩塩
・ワサビ醤油
・レモン塩
・自家製焼き肉のタレ
・柚胡椒
・タスマニアンスイートマスタード

の7種です。

他にもマスタード・マヨ・味噌・チリソースなどなど何でも結構です!!とにかく種類を出しましょう!!
これだけで気分が盛り上がるので、旦那も子供も大喜び間違い無しですよ(*'A`)y
d0176383_10332138.jpg




本日の副菜

ゴーヤとツナの和え物
d0176383_1042668.jpg

うちの奥さん作です。

ゴーヤをスライスして塩で揉んで少し置き、ぎゅっと絞って余分な水分を除きます。
それをツナ・きざんだ茗荷・ごま油・ポン酢で和えて出来上がり!
ツナとゴーヤの相性が抜群に美味しいです。多分ゴーヤ料理の中で一番美味しいかも!?

からすみ
d0176383_1075587.jpg

これまた大根との相性が抜群です!!


本日のお酒
久保田「翠寿」大吟醸生酒
夏季限定のお酒です。
d0176383_1012336.jpg

そこの酒呑みの皆さん、くぼたぁ〜?? っと思っているでしょ。
でもね、久保田もこのクラスになると素晴らしいんです!!
ってか、もう100点つけちゃいます。
フルーティーな香りがすこしもイヤらしくなくふくよかで上品!! 飲み口も
おそろしくエレガントで、これはもう世界に出してもはずかしくないお酒だと
思います。
日本酒というより上等な白ワインに近いニュアンスかな。これならフレンチにも
合わせられますね。
ぐい飲みでなく、是非ともグラスで味わってほしい繊細なお酒です。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-28 10:28 | レシピ和食

奥様必見!!超簡単♡東海林さだお流チャーシュー

d0176383_1050185.jpg

日本の文壇にはグルメな方が多いですよね。
その中でも檀一雄、池波正太郎、開高健あたりが食通として有名ですが、漫画家であり
エッセイストでもある東海林さだお氏も食べ物を書かせたらこの人に勝る人はそういないと
言われるお方。

そんな東海林さだお料理の中でもあまりのインパクトゆえ密かに絶大なる支持を得る料理
があります。
それが「東海林さだお流チャーシュー」です。


僕も最初に知ったときにはえっ!!っと思い、作るときにも半信半疑でしたが、
たしかに美味しいんです!!
ちょっと信じられない感じなんです。こんな手抜きなのにと、、、、

さて、それでは紹介しましょう。 東海林さだお流チャーシューの作り方です。

用意するもの

・豚肉の塊
・醤油

 以上

作り方

1.たっぷりのお湯で豚肉の塊をゆがきます。今回はバラを使いましたが、肩ロースでも
 ももでもお好きな部位で結構です。この時、ネギも生姜も酒も何も一切入れません!!
 入れたくなるのが人情ですが、ここはグッとこらえてお湯だけでゆがきます。
d0176383_10502713.jpg

d0176383_105113.jpg

2.40〜50分して、肉に串がすっと入るようになったら湯から引き上げ醤油に漬け込みます。
 醤油はもったいないようですが、肉が浸かるくらい沢山必要です。
 ここでも醤油以外は一切入れません!! (ニンニクや生姜を入れたくなりますが我慢です!)
 僕の場合はジップロックで漬け込みます。 時間にして20〜30分くらいかな?
 時々味見をして調度良い加減になったら完成です!!
d0176383_10512295.jpg

d0176383_10513339.jpg

 以上!! ゆがいて醤油にどっぽんしただけです。

しかし食べてみるとあら不思議!? ちゃんとチャーシューの味がするんです。
それもけっこう本格的な美味しい味がするんです!!

これまで手間ヒマかけて作ってたチャーシューは何だったんだろう?と思わず自問します。
まっ、あれはあれで美味しいんだけどね。

ねっ、そこの奥様簡単でしょ!? 残った醤油は保存して、また次回に使えばいいわけだし。


さて、あまりにもチャーシューが簡単すぎて、何か肩透かしをくらった感じというか、
料理を作る充実感に飢えた感じなので、ここはひとつ中華蒸しパン「割包」を作ります。
d0176383_1054497.jpg

材料
薄力粉  200g
強力粉  100g
イースト 5g
ベーキングパウダー 5g
砂糖   10g
塩    5g
水    160〜170cc
ラード  小さじ1程度

作り方
1.上記材料をしっかり混ぜあわせ、生地がなめらかになるまで捏ねます。
2.油を薄く引いたボールに移し、室温で2倍に膨らむまで一時発酵します。
3.発酵した生地を16等分し、15分ほどベンチタイムを置きます。
4.生地を楕円形に伸ばし、その半分にごま油を薄く塗って二つ折りにします。
5.30分ほど二次発酵します。
d0176383_10543643.jpg

6.蒸気の上がった蒸し器で15分ほど蒸して完成です。
d0176383_10542264.jpg

この割包にチャーシューと白髪ねぎ、お好みでからしをつけて召し上がれ♡
d0176383_1054503.jpg


ん〜 こんなに簡単なのにやっぱしうまい(´Д`;ゞ、

割包なんか作らなくったって、旦那さま大喜びですよ♡ 



本日の副菜
d0176383_1151343.jpg

真鯛の中華風カルパッチョ
鯛のお造りに醤油・酢・砂糖・ニンニク・生姜・ラー油・ごま油のタレをかけ、
薬味をあしらいます。

d0176383_1164530.jpg

ヴィシソワーズ
バターでタマネギとジャガイモを炒め、ブイヨンを注いで柔らかくなったら
牛乳をたっぷり入れてミキサーで撹拌します。
よく冷やし、最後に生クリームを注いで完成です。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-27 11:11 | レシピ中華

中華風丸鶏の唐揚げ

d0176383_1005726.jpg

昨夜は少し趣向を凝らして、丸鶏を中華風に唐揚げにしてみました。
なんか丸鶏ってだけで気分が盛り上がっちゃいますよね♡
しかもこの広東風の唐揚げは皮がパリパリ美味しいんです。

まず、揚げる事が可能なサイズの丸鶏を用意します。
d0176383_1034925.jpg

写真では塩を振っていますが、無視しちゃってください。

ほんとは塩をして置いた鶏にお湯をかけて皮をパンと張って吊るすという行程で行きたいん
ですが、さすがにこの季節生の鶏を半日干すのもちょっと恐ろしいので、今回は一旦湯がきます。
d0176383_1054055.jpg

お湯に紹興酒・塩・生姜・ニンニク・八角・ネギ・花椒などを入れて鶏を湯がくんですが、
別に紹興酒でなくても料理酒でもいいですし、後は冷蔵庫の余り物の野菜を適当に放り込んでも
いいですよ!!

しかし、鶏がこっち見てるのが恐いです(((( ;゚Д゚))))
d0176383_1081799.jpg

でもこいつ結構男前ですね。。。

さて、30分ほど湯がいた鶏ちゃんにハチミツ・水・酢を同量で解いたものをまんべんなく
塗ってやります。これにより皮がパリッと香ばしくなり、テカリもでて美味しく仕上がります。
これを半日ほど風通しのよい場所で干してやります。
d0176383_10113850.jpg

干してる事を知らなかった嫁が、一瞬ギョッとしてました、、、、

半日干した鳥は皮が乾燥してすでに美味しそうなんですが,これを油で揚げてやります。
揚げている最中は格闘なので写真を撮るのを忘れてましたが、大型の鍋で揚げつつ
レードルで油をすくって上からかけていきます。

格闘する事20分、こんがり揚がった丸鶏ちゃん。 
胸の部分の皮が破れてしまったのが残念ですが,これもまたご愛嬌です(*'A`)y
d0176383_10155436.jpg


今回は少し趣向を凝らし、北京ダック気分を味わえるように焼鴨餅を焼きます。
焼鴨餅の作り方
小麦粉を同量の水で溶き、油・塩・砂糖少々を入れて混ぜ、冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
フライパンに油を引かずに種を流し、クレープの要領で焼きます。
d0176383_1021339.jpg

つけタレは甜麺醤に砂糖・酒少々・ごま油少々を混ぜたものです。

タレも焼鴨餅もタレも出来た事ですし、鶏をぶつ切りにします。
d0176383_10245855.jpg

見るからに美味しそうでしょ♡
d0176383_10253634.jpg

これを焼鴨餅で巻いて頂きます!!
d0176383_10261675.jpg


ん〜 抜群にうまかです(´∀`∩)

気分を変えたければ醤油・酢・砂糖・にんにく・生姜・ネギ・ラー油を混ぜた
タレをかけて食べれば、日本の中華風の味になりますよ!!
d0176383_10285553.jpg




本日のお酒
d0176383_10365756.jpg

「Piemonte Chardonnay DOC Brut "Valle Renza」ピエモンテの泡です。
d0176383_10374590.jpg

柑橘系の爽やかさと、力強い味わいはこの料理によく合います。
泡もなかなかしっかりしています。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-26 10:42 | レシピ中華

タリアテッレ 牛顎肉のラグー 

d0176383_1136967.jpg

昨夜は久しぶりにパスタです。

月一回の土曜会議終了後、急いで向かった先は生野区の朝鮮市場です。
大阪の人以外はあまり聞いた事がないと思うんですが、鶴橋ではなく「御幸森商店街」
通称「朝鮮市場」と呼ばれる商店街があるんですが、こちらは韓国食材だけでなく、
とびっきり新鮮で上質なお肉屋さんがならぶ商店街なんです♡
因に美味しんぼに出て来た桜本畜産もこちらにあります。
お肉がおいしいのはもちろんの事、普段はなかなか手に入らない部位まで何でも揃うんです。

さて、そんな朝鮮市場にて購入したのがこちら
「牛のあご肉」
d0176383_11363849.jpg

普通のスーパーでは見かけませんよね(笑) これが煮込み料理に抜群なんです!!
しかも安いしね。

1.さて、まずはタマネギ1個・セロリ2本・にんじん1本を細かく角切りにし
 じっくりと30分くらい炒めます。
 もしめんどくさいようならそっくりこの行程を省いてもかまいません。
d0176383_11376100.jpg

2.肉はあご肉でなくてもすじ肉もモモ肉でもなんでもいいので、細かく切って塩と胡椒を
 ふり、小麦粉をはたいておきます。(小麦粉はソースに濃度をつける為です)
d0176383_11373578.jpg

3.圧力鍋に油をひき、2の肉をソテーし1を投入します。
(1を省いた場合、肉と共にタマネギのスライス1個分を一緒に炒めます)

4.ワインをどばどば注ぎ、ひたひたになる位の水と固形ブイヨン、
 ホールトマトもしくはトマトピューレを入れて、圧力鍋で20分〜30分ほど
 煮込んで下さい。
 この時市販のデミグラスが余っていたら入れるとコクが増しますよ!!
 仕上げに塩・胡椒とバターで味を調えてソースの完成です。
d0176383_1138648.jpg

5.タリアテッレを湯がきます。 最近のお気に入りはこちら
d0176383_11383912.jpg

6.パスタが湯がけたらすかさずソースと絡め、クレソンとパルメジャーノを添えて完成です。


さてさて、そこのS田さん(夫のほうね)、、、、 コレを作れとはいいませんので、今度はも少し
簡単なのを紹介します(´∀`∩)

 
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-25 11:52 | レシピイタリアン

鯖寿司

d0176383_9494354.jpg

先日彦根にて鯖寿司を食べれなかったのが残念だったと先の日記で書きましたが、
食べれなかったと思うと無性に食べたくなるんですよね。

だったら自分で作りましょ!!

ただ、休日なら朝一番に木津市場や鶴橋の市場に新鮮で立派な鯖を買いに行けるんですが、
何ぶん勤め人の身分、だからと言って休日まで待てないので、やむなく高島屋にて鯖を
購入しました。
高島屋の魚だけあって、鮮度は抜群なんですがやはり身は薄いなぁ〜

それでも鯖を一匹買ったので半身は炙り〆鯖寿司に、もう半身は焼鯖寿司にしました。
d0176383_951591.jpg

炙りしめ鯖寿司の作り方

1.鯖は半身におろし、たっぷりの塩をまぶして冷蔵庫で30分寝かせます。
2.30分たてば流水で洗い流し、しっかり水分をふいた後お酢と昆布を入れたジップロックに
 入れ、冷蔵庫で30分ほど漬け込みます。
3.すし飯を作ります。米2合をと昆布を入れて炊飯器で炊きます。
 炊きあがりの米にお酢40cc・塩小さじ1.5〜2・砂糖大さじ1くらい(分量はお好みで)を入れ、
 切るように混ぜ合わせます。
4.巻きすにラップを敷き、〆た鯖と半量のご飯を乗せてしっかりと巻き締めます。
5.最後にバーナーで軽く焼き目をつけて完成です。

※今回〆鯖には富士酢を使ったんですが、嫁から酢が臭いとクレームが!! 調べてみたら
純米酢独特のムレ香という匂いで、けっこう苦手な人も多いみたいですね。 僕は全然平気
なんですが、、、最近のお酢は匂いも酸味もまろやか系が増えましたからね。
すし飯にはまろやか系が合う気もしますが、鯖をしめるのには物足りない気が、、、、

焼き鯖寿司の作り方

1.鯖は半身におろします。
2.ジップロックに鯖が浸かるくらいに酒1・醤油1・みりん1・すだちの絞り汁を入れ、
 身を入れて30分ほど冷蔵庫で寝かせます。
3.キッチンペーパーで水分を拭き取り、グリルで鯖を焼きます。
4.巻きすにラップを敷き、焼き鯖を乗せ紅ショウガとシソを敷き詰めます。
 ご飯を上から乗せ、しっかり巻き締めます。

僕の作り方とは少し違いますが、あぶかもさんで面白い企画をやってます。
分かりやすいし、ご参考ください。

「鯖寿司対決! 炙りしめ鯖寿司VS.焼き鯖寿司」


本日の副菜

鯨の立田揚げ
鯨は醤油・味醂・酒少々とすりおろし生姜に30分漬け込み、片栗粉をはたいて
さっと揚げます。 からし醤油でいただきます。
d0176383_95493.jpg


茄子・茗荷・胡瓜の塩揉み
それぞれ薄く切って、さっと塩で揉むだけです。
d0176383_9561929.jpg


茄子の煮浸し
茄子を焼いて皮を剥き、沸かした出汁でさっと炊きます。その鍋を氷水で
急冷し、冷蔵庫に入れてギンギンに冷やしていただきます。
d0176383_9592659.jpg


いわしの梅煮
頭とワタを落とした鰯と生姜・梅干しを鍋に入れ、酒・醤油・味醂・水を入れて
骨が柔らかくなるまで炊きます。
d0176383_9595638.jpg


永平寺あげの焼いたん
永平寺あげは焼いて、大根おろしとネギをたっぷりかけて食べるのが
現地の食べ方みたいです。
d0176383_1012812.jpg



本日のお酒はコレ
大那特別純米 夏限定酒「蛍」
口に含むと最初の香りはまろやかなのに、じつにしっかりキリッとしたお酒です。
それとお気に入りの木村グラスです。薄すぎて使うのが恐いんです(´Д`;ゞ、
d0176383_107614.jpg




以上、少し作りすぎた昨夜の夕餉でした。←嫁に怒られました(´Д`) =3
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-23 10:07 | レシピ和食

chocolatier NAKATANI

酒呑みだけに甘いものが苦手な僕ですが、それでも好きなスイーツがあります。

それがチョコレート

とは言え、あまり甘すぎるのはやっぱりダメですけどね。

そんな僕のお気に入りはchocolatier NAKATANIのショコラ
d0176383_10343224.jpg

甘みを抑え、かといってリキュールに頼る訳でもなく上質なカカオの苦みと香りを
ストレートに味わえる大人のショコラです。
フランボワーズなどのベーシックなものをはじめ、生姜や胡椒などのスパイスを利かせた
ものまで種類は豊富なのですが、僕はやっぱりスパイシーなのが好みですね。

そんなショコラに合わせるのはもちろんお酒♡
d0176383_1034176.jpg

最近大好きなアイラ島の「ラフロイグ」とNAKATANIのスパイシーショコラが
とても相性がいいんです。

大人の夜の楽しみです。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-22 10:36 | レシピその他

彦根 旬菜うえき

d0176383_1853435.jpg

さて、福井シリーズ最後の日記です。

福井帰りに立ち寄ったお店、「旬菜うえき」です。
店構えを写真に撮ってくるのをわすれたんですが、大人な雰囲気の漂う感じのいい
お店です。

お造りの盛り合わせにはじまり
d0176383_18545640.jpg

やはりこの季節は白焼きですね♡
d0176383_18552687.jpg

甘鯛のアラは酒蒸しで
d0176383_18554782.jpg

その身は塩焼きでいただきます。
d0176383_18562136.jpg


やはり滋賀県は京都の影響を受けたお店が多いように思います。
これで僕の大好物の鯖寿司があったら良かったんですけどね、、、、
でもトップの写真の珍味盛り合わせがすごく美味しかったな♡ 
また冬に真鴨を食べに来たいです。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-21 19:00 | 旨し店

豆腐なべ

d0176383_18304139.jpg

この暑い中またしても鍋、、、、

鍋なんです,,,,

何故なべか?? それは福井から帰る途中に永平寺で偶然見つけた豆腐やさん
永平寺揚げ本店
d0176383_18224597.jpg

こちらで豆腐をたくさん買い込んだら、
d0176383_18234215.jpg

その中にこんなものが!!
d0176383_18251092.jpg

「とろぷる」加熱し過ぎると溶けて豆乳にもどっちゃうらしいんです!!
だったら試してみたいじゃないですか!?

さっそく出汁をとって、豆腐を投入!!
d0176383_18275036.jpg

するとたった5分で豆腐はこんな感じ
d0176383_18281443.jpg

さらに2〜3分たつの完全にとけて豆乳なべに!!
d0176383_18285879.jpg

今回はシンプルな具材で、、、 主役は豆腐です。
d0176383_18293185.jpg

具材をしゃぶって、鍋の出汁とポン酢を半分で割ったタレでいただきます。
写真ではあまりうまそうに見えないですけどね、でも豆乳が肉や野菜に絡んで
すごく美味しいんです!!
豆腐を溶かさなくても豆乳でいいので一度お試しあれ!!


あっ! 普通に冷や奴も美味しかったです♡
d0176383_18393075.jpg

[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-21 18:39 | レシピ和食


日々の夕餉をつれづれに


by t-iwakoshi

プロフィールを見る
画像一覧

こんにちは!!

旦那ことにーやんです!

毎日仕事が終われば急いでスーパーへ向かいます。

食べること。お酒を呑むことと、旅が生きがいの僕の徒然日記です。コメントもらえたら嬉しいです!
よろしくです!!

完全放置の旧ブログ
  ↓↓↓↓
http://pinarello.exblog.jp

タグ

(28)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

ムール貝
日々の戯れ
ローズマリーとセイジとモ...
Kaorin@フードライ...
casa di cina
あぶかも
旨メシな日常
三文釣師の釣行記とか

最新の記事

あけましておめでとうございます。
at 2011-01-07 19:21
祇園にしかわ
at 2010-09-06 18:04
味噌ダレ餃子
at 2010-08-31 01:02
和歌山町並み紀行
at 2010-08-31 00:34
心斎橋「銀平」
at 2010-08-27 10:29

カテゴリ

全体
レシピ:フレンチ
あるこーる
旨し店
レシピイタリアン
レシピ和食
レシピ中華
レシピその他
未分類

以前の記事

2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のトラックバック

東海林さだお
from 旅とワインと酔いどれと

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧