<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冷や汁

こんにちは! 旦那です。

皆さん今日は寝不足気味じゃないでしょうか?(笑)
我らが日本代表、惜しくも負けてしまいましたが、なかなか良い試合を見せてくれました。

ところでサッカーを見られない方も、昼夜問わず蒸し暑くてなかなか気持ちよく眠る事が
できないんじゃないでしょうか?

そうして食欲減退している方でもついつい食べれちゃう冷や汁のレシピを今日はご紹介します。

 〜宮崎郷土料理 冷や汁〜
d0176383_1171716.jpg

ご存知、宮崎の郷土料理冷や汁です。 冷たく薬味もたっぷり入っているので
食欲のない方もどんどん食べれちゃいます。


材料
・鯵の干物  中2枚(鯵でなくても大丈夫!お好きな干物でどうぞ)
・ごま    40g
・味噌    120g(麦味噌主体で3種類ほどブレンドしましたが、お好みで!)
・だし汁   800ccくらい(適度に調整してください)
・キュウリ  1本
・豆腐    半丁(絹でも木綿でもお好きな方で)
・みょうが  2個
・しそ    5枚くらい

作り方
1.すり鉢にごまを入れよく擦ります。
2.鯵の干物はグリルで焼き、熱いうちに骨やぜいごを取り除きます。
 めんどくさくても骨はキレイに取り除いてくださいね。
3.鯵をゴマの入ったすり鉢に入れ、よく擦ります。この時擦りながら残っている小骨を
 きれいに取り除いて下さい。
d0176383_1144521.jpg

4.さらに味噌を入れ練りバーナーで焦げ目を入れますが、バーナーがない場合はアルミホイル
 に移し、トースターで焼き目をつけて下さい。
 (味噌は麦味噌が合いますが、お好みで米味噌とブレンドするなどして、お好みの味を
 だしてくださいね)
d0176383_1153780.jpg

d0176383_118725.jpg

5.だし汁を入れてのばします。味噌汁くらいの濃度になるよう調整してください。
6.薄く輪切りにしたキュウリ・手でくずした豆腐を入れます。
 器にご飯をよそおい冷や汁をかけ、薬味を添えて完成です。
 (ごはんは炊きたてでも冷やごはんでも結構です。 お好みで!)
d0176383_11333796.jpg




 〜紀州自然赤鶏の塩焼き 柚胡椒添え〜
d0176383_11245777.jpg

塩焼きなので、レシピは省略します。 



 〜いか団子〜
d0176383_119294.jpg

材料 
・いか  2〜3杯
・片栗粉 少々

[タレ]
・ニンニク 1片(みじん切り)
・生姜   一かけ(みじん切り)
・鷹の爪  少々(輪切り)
・醤油   大さじ2
・紹興酒  大さじ2
・砂糖   大さじ2〜3 
※すいません、タレはいつも感覚で作っているので、分量は適当です。
お好みに調整して下さい。

作り方
1.イカをおろし、皮を剥きフードプロセッサーでミンチ状にします。 片栗粉少々を
 入れて固さを調整します。
2.卵白・片栗粉・水を混ぜた衣にくぐらせ、170℃の油で揚げて下さい。
3.タレを作ります。 中華鍋に油を入れ、生姜とニンニク・鷹の爪を炒めます。
4.香りがたってきたら醤油・酒・砂糖・塩こしょう少々を入れ、肉団子を投入して
 少し濃度がつくまでタレをからませます。


 〜いんげんのゴマ和え〜
d0176383_11255527.jpg

これも簡単なのでレシピは省略しますが、僕の好みは黒ごま和えです。



なにかと食欲のわかないこの季節ですが、こんな時こそしっかり食べて、よく寝て
体のコンディションを整えてくださいね。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-30 12:04 | レシピ和食

フレッシュトマトとモツァレラのパスタ

こんにちは、旦那です。

最近、夏風邪が流行しているみたいですね。 僕の会社も1/3程がやられてますが、
かく言う僕も今日は風邪で絶不調 (´Д`) =3

皆さんもワールドカップで寝不足気味だと思いますが、体調こわさないように
気をつけてくださいね。

さて、昨日の夕餉です。

フレッシュトマトとモツァレラのパスタ
d0176383_1614426.jpg



材料
・トマト 大2個
・モツァレラチーズ 1個
・バジル お好みで
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 適量

作り方
1.トマトはあらかじめ湯引きして皮をむいてヘタをとります。
2.小鍋にオリーブオイル少々を入れ、にんにくを入れて低温で香りを出します。
3.にんにくにほんのり色がついたらトマトを潰し入れます。
4.時間にして15分〜20分、生のトマトのフレッシュ感がぎりぎり残るくらいまで
 弱火で煮込みます。 仕上げに少し強めに塩を入れます。
5.パスタを湯がきます。
6.ボールにモツァレラチーズをちぎっておきます。
7.パスタが湯がけたらすかさずモツァレラのボールにトマトソースと麺を入れて和えます。
8.バジルをトッピングして完成!!

なんともフレッシュな香りが爽やかで、思わず食が進みます。



サーモンのグリル
d0176383_1622477.jpg


材料
・サーモン(塩をしていない生のサーモン)
[ソース]
・レモン 1/2
・オリーブオイル 100cc
・マスタード 小さじ1
・タマネギのみじん切り 大さじ1
・ケイパー 大さじ1
・お好みのハーブ 少々
・塩コショー
[付け合わせ]
茄子 1/2本
ズッキーニ 1/2本
パプリカ 1/2個

※ドレッシングはだいたいの目安なので、お好みで調整して下さい。
※付け合わせは冷蔵庫のあまりもので、、、

作り方
1.サーモンに軽く塩とコショーを振り、グリルで野菜と共にローストします。
2.ドレッシングの材料はよく混ぜ合わせます。
3.皿にサーモンと野菜を盛り、ドレッシングをふりかけて完成です!!


牛タンの七味焼き
d0176383_16324854.jpg


材料
・牛タン 200g
・チシャ 適量
[タレ]
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2
・酒 大さじ1
・七味唐辛子 少々
・すりおろしニンニク 小さじ1

作り方
1.牛タンは4mmくらいの幅にスライスし、タレを揉みこんで冷蔵庫で30分程
寝かせます。

2.フライパンにごま油少々を熱し、タンを強火で焼きます。
3.裏返して少々焼けたら残りのタレを入れ、少し煮詰めて絡ませます。
4.チシャにつつんで召し上がれ。

※タンにあまり火を入れすぎないように注意して下さい。

以上、この日はイタリアンと和食の折衷でございました。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-29 16:43 | レシピイタリアン

魯山人すき焼き

日曜日の昼下がり、友人まこちんが誕生日プレゼントをもって訪ねて来た。

そのプレゼントとはこれ! なんと1973年ビンテージのブルゴーニュの赤。
d0176383_23315683.jpg

ほぼ僕の齢と同じ時をかさねてきたワインである。(僕も老いたなぁ〜)

さて、さすがにこれだけのビンテージ、コルクも相当慎重に扱わねばならず
ひやひやしながらの開栓でしたが、無事にオープン!
d0176383_2332816.jpg

コルクの色もすごいですが、ワインも見事なレンガ色
d0176383_23322272.jpg

おもわずビビるような濃厚な香りがすごく、味もブルーベリーやプラムを凝縮
したような感じで、さすがにオールドビンテージの凄さにのけぞってしまいました。

さて、そんなワインのアテにはこれ
d0176383_23323681.jpg

サルヴァドーレ クオモのケータリングピザでございます。
d0176383_23334175.jpg

はじめて注文したのですが、世界コンペティション3年連続受賞しているだけはあり、
ケータリングなのに抜群にウマい!! ボリュームも十二分に満足!!
値段も一枚二千数百円とドミノ並み!!

これはまったくもって満足のいくデリバリーピザでした。
因に一緒に頼めばボトルワインも千円台、ビールも一本240円と非常に良心的なプライスです。

ぜひぜひ一度おためしあれ♡
http://www.salvatore.jp/index.html

さてさて、昼から贅沢しましたが、夜も楽しみがまってますよぉ〜

っと、言う訳で昨日に食べきれなかったお肉ちゃんで久しぶりに「魯山人すきやき」の
会をやっちゃいました。
d0176383_23331813.jpg

魯山人すきやきとは、かの北大路魯山人が考えたすきやきの食べ方でありますが、
一般的に魯山人若かりし頃のすき焼き方法と、老いてからのすき焼きの二種類の食べ方
があります。

年老いた僕らには、もちろん魯山人晩年の食べ方が嗜好に合うのであります。

さて、魯山人すき焼きを簡単に説明すると

・昆布と鰹で出汁をとる。
・純米酒に梅干し・にんにくをいれて7分目まで煮詰める。 これに八方だしを加えて
 つけたれとする。
・あとは出汁で肉をしゃぶしゃぶし、さきのたれにつけて食すわけであります。

これだと非常にさっぱりとお肉をたべることができちゃう訳でございます。
因に最後の〆に投入するうどんがとても最高な肉うどんの味がしてナイスなのです。


もちろん今日の会、肉に飢えた野人達のあつまりでもありますから、しっかりとお肉の
陶板焼き(しかもバターで)も食したしだいでございます。。。
d0176383_2334258.jpg

d0176383_23341897.jpg


ここで一句    ←最近吉田類の酒場放浪記の影響からか一句よんじゃいます。

またひとつ 年を経てなお得るものは かなしきはらの お肉なりけり  

 
字余りもいいとこですが、、、、、


失礼しました。。。。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-28 23:06 | レシピ和食

グルメ魂

昨日僕の誕生日だったんですが、いつものワインバー「luv wine」店長アッキーの誕生日も
奇しくも22日、そんな訳で合同誕生会を開催して頂きました。

誕生日サンクスフェアーということでワイン飲み放題、、、 たかだか十名の客に対して
用意されたワインは30本、、、、

昨日の記憶、ありません、、、、、

d0176383_064944.jpg



さて、ボロボロのまま迎えた本日、届いたのはこの一品!!

仙台牛A5霜ふりふりのお肉怒濤の7Kg塊!!!

d0176383_033728.jpg

d0176383_044475.jpg

d0176383_055543.jpg

d0176383_0414874.jpg





でも飽き足らず、牛タン1Kg、鶴橋にてホルモン2Kgと肉肉地獄の夕餉でありました。

ここで一句

身はたとえ 肥満と老化に朽ちつつも 留め置かまし グルメ魂
d0176383_081494.jpg


吉田松蔭先生すいません、、、、、
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-27 00:08

なんとも愛らしく

おはようござます。 
皆さん今日は眠いまなこをこすってらっしゃるんじゃないでしょうか?

いや〜 まさかって言ったら怒られちゃうかもしれませんが、勝っちゃいましたね。
やっぱり嬉しいものですね。

さて、昨日の夕餉でございますが、今日・明日と続けて外食の予定なので冷蔵庫の
整理をしたいと思います。

なので今回の旬材は唯一これ、稚鮎ちゃん♡
なんとも愛らしいルックスです。

d0176383_9433821.jpg




稚鮎のフライ

いつも稚鮎は天ぷらにします。しかし毎回天ぷらばっかりもアレなので今回はフライに
してみました。 衣は我家こだわりの超極細パン粉「パケンのパン粉」
泣く子も黙る?福井のヨーロッパ軒から取り寄せたパン粉でございます。
http://homepage2.nifty.com/yo-roppaken/

d0176383_951393.jpg


案外天ぷらよりさっぱりしていて美味しいです。 慌てて皿に盛ったのでへんてこな
盛りつけですが、、、

レモンをギュッとしぼって、ヌチマースをつけていただきます。




パテ・ド・カンパーニュ
d0176383_956879.jpg


実は先週土曜日に作ったパテ・ド・カンパーニュです。
なんとコレ、作ってすぐに食べるべからずなのです。

フレンチシェフのレシピ本によれば最低でも3日、できれば一週間は冷蔵庫で熟成させて
食べるべし、、、、っと、書かれております。

実際、僕も作った当日の夜と食べ比べてみましたが、たしかに昨日食べたほうが美味しかったな。
やはり熟成により味がこなれて香りもでてきます。




正統派シーザーサラダ
d0176383_1002620.jpg

正統派の作り方ではありますが、ロメインレタスじゃないので邪道かな??

レシピ

材料
・レタス(できればロメインレタス)
・温泉玉子2個
・ガーリックオイル 半カップ(なければすりおろしニンニク+オリーブオイル)
・ウスターソース 少々
・レモン汁 1/2個分
・パルメジャーノ お好みで(出来ればおろしたてをどばっとね)
・塩 少々
・黒胡椒
・クルトン

上記の材料を和えるだけですが、クルトンは絶対入れて下さいね。
パルメザンもどばっと入れる方が美味しいです。




トマトと海老の土佐酢ジュレ和え
d0176383_10181624.jpg

昨日作った土佐酢ジュレが大量に残っていたのでまたしてもコレです。
ただ、今日は海老をメインにしてみました。
(タコが良かったけど高かったので、、、、)




音戸ちりめんとキュウリの和え物
d0176383_1062849.jpg


材料
・きゅうり 1本(千切りで)
・じゃこ 一握り
・煎りごま 少々
・醤油  大さじ1
・砂糖  小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・ごま油 小さじ1

ごまとじゃこは軽く煎ります。 板刷りしたきゅうりを千切りにし、他の材料
と和えて完成です。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-25 09:52 | レシピ和食

男ひとりの晩餐です。

昨日はうちの奥さんから呑みに行ってくると連絡あり。

本来なら僕も負けじと呑みにくり出すのだけれど、何となく家でさっぱりとした
ものが食べたい気分、、、、

とりあえず閉店間際の高島屋に駆け込んだものの、めぼしい魚がほぼ売り切れで、
何となく目に入ったのは「いさき」

これ一匹を購入して、あとは家にある材料でつくりましょ!


d0176383_9303642.jpg



 〜いさきの煮付け〜

魚の煮付けに関しては、一般的には水と酒を多めに入れると思います。

しかし、大阪の割烹で食べる限り、関西風の煮付けのポイントは甘さだと感じています。
「甘いは旨い」そんなニュアンスが関西の味付けのひとつのポイントではないでしょうか?
みりんと砂糖を両方使うのもそんな理由からです。

これを強火でわりと短時間で炊き上げます。

それと、魚は下処理したあと塩をふってしばらく置き、その後お湯で軽く霜して処理しています。
新鮮な魚ですし、アラではないのでその必要があるかどうかですが、やはり煮汁に少しでも
鱗が入るのはイヤなので、少し手間がかかりますが一度試してみてください。


材料
・煮魚に適した魚
・生姜 ひとかけ(スライス)
・酒 1カップ
・みりん 1カップ
・さとう 40g
・醤油 1カップ
・水 1.5カップ
※上記分量の比率で、量は加減して下さい。

作り方
1.魚の鱗をおろしワタを処理したら、軽く塩を降って冷蔵庫で30分置きます。
 (魚から臭みを抜くためです。)

2.魚に切れ目を入れ、沸騰したお湯をさっとかけた後水にとり、残っている鱗をきれいに
取り除きます。
(切れ目を入れないとお湯をかけた時に皮がやぶけます。 また、お湯をかける事により最初
とれなかった鱗がキレイに取り除けます。)

3.煮汁の材料すべてを鍋に入れて沸かし、沸騰した後に魚を入れて落としぶたをします。
この時火加減は焦げない程度に強火で炊きます。
煮汁が煮詰まってきたら、スプーンなどで煮汁を上からかけていきます。

4.魚に火がとおり、煮汁も煮詰まって光沢が出て来たら完成です。





 〜夏野菜の盛り合わせ土佐酢ジュレ和え〜
d0176383_9572986.jpg




材料

[土佐酢ジュレ]
・醤油 大さじ2
・酢  大さじ2
・砂糖 小さじ1
・鰹節 一握り
・ゼラチン 2〜3g

・旬の野菜

作り方
1.土佐酢を作ります。 鍋に醤油・酢・砂糖を入れたら一煮立ちさせ、鰹節を入れたら火を
火を止めます。 3分程したら濾し、水でふやかしたゼラチンをよく混ぜ入れ冷蔵庫へ。

2.旬の野菜は下処理(トマトの湯剥きやインゲンの湯通し、茄子を焼くなど)して、冷蔵庫で
よく冷やした後、スプーンでクラッシュした土佐酢ジュレをかけて完成です。





 〜蕪のそぼろ餡かけ〜
d0176383_1052335.jpg



材料
・カブ 3〜4個
・だし 300cc程度
・酒 100cc程度
・薄口醤油 大さじ1程度
・みりん 50cc程度
・塩 少々
・片栗粉

・鳥ミンチ 100g程度
・醤油・酒 少々


作り方
1.蕪は皮を剥いて4等分します。
2.鍋にだし・酒・醤油・みりん・塩を入れて沸かし、蕪が柔らかくなるまで煮ます。
3.別鍋に鶏肉と酒・醤油を少々いれ、そぼろになるまで煎ります。
4.そぼろを蕪の鍋に入れ、仕上げに水とき片栗粉でトロミをつけて完成です。





 〜茄子の赤味噌仕立て〜
d0176383_10151793.jpg



これは簡単なので材料は省略します。

作り方

1.焼き茄子を作り、皮を剥いて椀に盛ります。
2.通常の味噌汁より濃いめの赤出しをかけます。
3.ときからしor黒七味を上からかけて、茗荷をのせて完成です!





 〜こんにゃくの煎り煮〜
d0176383_10195114.jpg



これも簡単なので材料は省略します。

作り方

1.こんにゃくは一口大にちぎります。
2.鍋にごま油少々を入れ、蒟蒻を軽く炒めます。
3.だし・砂糖・醤油・鷹の爪を入れて軽く煎り煮にして、仕上げに胡麻をふって完成!




以上、男一人の晩餐でした、、、
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-24 10:23 | レシピ和食

ラム☆しゃぶ

こんにちは、旦那です。

昨日はスーパーにきれいなラム肉が売っていたので、ジンギスカンでもすっかな?
っと思いつつ,我家は家の中でガンガン焼き肉用に火を焚くので、換気の為に窓を
全開にせねばなりません。

だけどこの季節、どうしてもエアコンをつけたかったので「しゃぶしゃぶ」にすること
に決定。

ラムでしゃぶしゃぶ? っと、思われるかもしれませんが、これがなかなかどうして
タレを工夫したら匂いも気にせず美味しくいただけるんです。

なので、今日のレシピはラムしゃぶと言うよりタレのレシピです。


d0176383_933982.jpg




〜ラム☆しゃぶ〜

材料

[タレ]
・ごま 一握りほど
・落花生 ごまの1/3程度
・ニンニク 2片
・しょうが 1かけ
・りんご 1個
・醤油 150cc
・酒 50cc
・ラー油 少々
・ごま油 大さじ2
・大根 1/4本
・ねぎ 適量
・酢醤油 少々

[鍋の材料]
・新鮮なラム肉
・春雨
・えのき
・白菜
・ねぎ



1.すり鉢にごまと落花生を入れよく摺ります。(写真は落花生がなかったのでハワイ土産の
マカダミアナッツですが、、、)

d0176383_945475.jpg


2.にんにく・しょうがのすりおろしを加え、リンゴ丸ごと1個のすりおろしを加え鍋に入れます。

d0176383_9454532.jpg


3.醤油・酒を加えて軽く煮詰めます。

d0176383_9464867.jpg


4.ラー油とごま油をお好みの分量入れます。

5.できたタレに、たっぷりのもみじおろし・ねぎ・酢醤油少々を加えてタレとします。

d0176383_9471926.jpg


6.あとは適当にしゃぶしゃぶして、たっぷりのタレをつけて召し上がれ!!

d0176383_9481917.jpg




ビールのお供に、、、、

「トビアラ」の唐揚げです。 これがまたビールによく合うんだ♡

d0176383_9505336.jpg

[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-23 09:50 | レシピ和食

レシピブログはじめました!!



日曜日に広島の友人からたくさんのお野菜が届きました。
これをきっかけにレシピブログはじめます!!


この野菜 きみが届けてくれたので 6月22日はブログ記念日

↑年齢がバレますねますね(´Д`;ゞ、


まっ、そんな訳で、日々晩ご飯を作り酒を呑む事を楽しみにしているサラリーマンの夕餉日記
であります。



さて、段ボールいっぱいに届けられたフレッシュなお野菜達

d0176383_175353100.jpg


トマト・きゅうり・なす・人参・じゃがいも・玉ねぎ・バジル・イタリアンパセリ
や、「バラフ」なる珍しい野菜もてんこ盛り!!

d0176383_17544087.jpg


こんな新鮮なお野菜は、ぜひ極力シンプルに食したいと思い、ガスパッチョや
サラダを作ることにしました。



 〜スペインの冷たいスープ「ガスパッチョ」〜

d0176383_17552398.jpg


<材料> 4人分

・トマト 3ヶ
・きゅうり 1/2本
・ピーマン 1/2個
・人参 1/2本
・セロリ 1/4本
・玉ねぎ 1/4個
・にんにく 1/2片
・バケット1/4本
・オリーブオイル 1/2カップ
・ビネガー 少々
・塩コショー

※材料は旬の野菜をお好みで

1.水に浸して柔らかくしたバケットと、上記野菜をフードプロセッサーに
かけてジュースにします。

2.シノワで濾して、オリーブオイル・ビネガー・塩コショーで味を整えます。

3.最後にオリーブオイルをひとたらしして完成!!


簡単です!! よく冷やして食べてくださいね。






 〜いわしのマリネとバラフのサラダ〜

d0176383_17555497.jpg


<材料> 4人分

・新鮮ないわし 6〜8尾
・レモン 1個
・オリーブオイル
・ケイパー
・にんにく

・お好みの野菜
・イタリアンドレッシング

1.新鮮ないわしを手開きにし、皮をはいで少し強めに塩をふり、約30分ほど
冷蔵庫で〆ます。

2.余分な水分をキッチンペーパーでふき取り、ひたひたのレモン汁をふり入れ、
また冷蔵庫で少々寝かせます。(約15分〜20分)

3.オリーブオイル・ケイパー・スライスしたにんにくを振りかけ、冷蔵庫で
冷やし、イタリアンドレッシングで和えたサラダと共に供して出来上がり!!

今回はバラフを添えたのですが、プチプチした食感が楽しかったです!







 〜軽く燻製にした鰆のコンフィ、旬の焼き野菜を添えて〜

d0176383_17562957.jpg


1.鰆は強めの塩を振り、冷蔵庫で1時間ほど〆ます。

2.余分な水分をふき取り、中華鍋にスモークウッドと鰆、ビニールで密封した
氷を入れて蓋をし、約20分ほど冷薫にします。
※スモークウッドを使うと、熱源がいらないので便利です。

3.ジップロックに鰆が完全に隠れるくらいのオリーブオイルと、
にんにく・鷹の爪を入れ、80℃のお湯に入れて1時間ほど湯煎します。
※この時絶対に80℃を超えないように注意して下さい。 80℃を超えると
身が固くなってしまい、単なる煮魚になってしまいます。(T T)

4.コンフィにした鰆の皮目だけをフライパンでさっとソテーし、焼いた野菜
と共に供して完成。
※この時ぼくは、野菜に西京味噌のドレッシングを添えています。




最近少し野菜の価格も落ち着いてきたとは言え、ここしばらく購入に躊躇して
野菜に飢えていたので、満足満足!!

あきちゃんありがと〜!!
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-06-22 18:05 | レシピ:フレンチ


日々の夕餉をつれづれに


by t-iwakoshi

プロフィールを見る
画像一覧

こんにちは!!

旦那ことにーやんです!

毎日仕事が終われば急いでスーパーへ向かいます。

食べること。お酒を呑むことと、旅が生きがいの僕の徒然日記です。コメントもらえたら嬉しいです!
よろしくです!!

完全放置の旧ブログ
  ↓↓↓↓
http://pinarello.exblog.jp

タグ

(28)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

ムール貝
日々の戯れ
ローズマリーとセイジとモ...
Kaorin@フードライ...
casa di cina
あぶかも
旨メシな日常
三文釣師の釣行記とか

最新の記事

あけましておめでとうございます。
at 2011-01-07 19:21
祇園にしかわ
at 2010-09-06 18:04
味噌ダレ餃子
at 2010-08-31 01:02
和歌山町並み紀行
at 2010-08-31 00:34
心斎橋「銀平」
at 2010-08-27 10:29

カテゴリ

全体
レシピ:フレンチ
あるこーる
旨し店
レシピイタリアン
レシピ和食
レシピ中華
レシピその他
未分類

以前の記事

2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のトラックバック

東海林さだお
from 旅とワインと酔いどれと

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧