カテゴリ:レシピ中華( 6 )

味噌ダレ餃子

っと、街並紀行で本日の日記を締めくくろうとしましたが、大事な事を忘れそうでした。

何と言ってもこのブログは旦那の夕餉! 夕食を書かなきゃ名が廃る!!

って訳でもないんですけどね、、、、、|(*'A`)y

一応昨夜の晩ご飯を書いておきます。。。。


とは言え、恥ずかしながらの餃子です。
d0176383_0573334.jpg

でも餃子と言えば今やご馳走! 肉より高いキャベツや白菜が必要なお好み焼きや餃子は
立派な高級食となりました(;TДT)

我が家の餃子にマストな白菜は1/6カットを購入します。 これだけでも158円!!
本来なら1個丸ごと買えますね。
それと本日特価のニラ一束88円、そしてシソ5枚。
そうそう、冷蔵庫にキャベツの残りが少しありました。

これらを細かくみじん切りにして塩をふってしばらく置き、余分な水分が上がってくる
まで置いておきます。
浸透圧により水分が出てくればぎゅっと絞ります。

豚ミンチは塩・背脂・醤油・酒・生姜すりおろし・ごま油・胡椒少々を入れてよく混ぜます。
これを先の白菜と混ぜて皮で包みます。

ココまでは普通の餃子

今日は味噌タレを作りたいと思います。
d0176383_056616.jpg

信州味噌・白味噌・練り胡麻・醤油・お酢・はちみつ・砂糖・ごま油・酒・ラー油を
適当にブレンドして下さい。(適当ですいません。でも美味しくできます)

もしブレンドして物足りないようなら冷蔵庫にある胡麻ドレッシングとかをブレンドした
ら美味しくできるかも??

これで普段の餃子があらふしぎ?? 美味しい餃子の出来上がり♡

案外サッパリいただけます。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-08-31 01:02 | レシピ中華

黒酢風味の肉だけ酢豚

d0176383_933666.jpg

昨夜の夕餉は「酢豚」です。なんか今週中華づいてますね。。。
酢豚と言えば皆さんいろいろ好みがあると思います。 普通なら玉ねぎ・ピーマン・パイナップルなどを入れますよね。 僕が作るときは入れたり入れなかったり、その日の気分で作り方を変えています。
昨夜の気分はガッツリ肉を食べたい気分。 なのであえて野菜は入れずに肉だけの酢豚にしました。

材料
・豚肉300gくらい
・塩、胡椒
・紹興酒
・卵1個

[タレ]
・砂糖   90g
・黒酢   40cc
・米酢   40cc
・醤油   20cc
・紹興酒  20cc
・中華醤油 10cc(なければ醤油で)
・水    20cc
・水溶き片栗粉


作り方

塊肉を買ってきて、3cm角に切ります。塩コショウと紹興酒をふってしばらく置き、片栗粉を
まぶします。
この時、粉をつけたまま手のひらで肉をぎゅっと握りつぶします
これにより、粉と肉が馴染むばかりでなく、肉の角がとれて揚げた時に見た目が良くなるのです。

それを全卵と片栗粉を混ぜた液に付け、中温の油でしっかり中まで火を通します。
仕上げは高温でカラッと揚げてくださいね。

さて、豚を揚げている間にタレを作ります。水溶き片栗粉以外の材料を鍋に入れて沸かします。
豚が揚がったらタレに投入し、軽く絡ませ、水溶き片栗粉を入れてとろみを付けます。
この間はずっと強火で調理してくださいね。
仕上げに油を少し入れて照りをだして完成です!!

肉だけですが、黒酢の風味が効いているので案外さっぱりいただけます。

うちの奥さんは野菜が入ったほうがいいとブツブツ言ってらっしゃいました、、、(´Д`;ゞ、




本日の副菜

徳島産天然鮎の塩焼き
d0176383_1074054.jpg

やや小ぶりですが、やはり養殖とはまったく違う風味があります。

水牛のモツァレラ・プチトマト・ブッシュバジルのカプレーゼ
d0176383_107552.jpg

ブッシュバジルって知ってます??僕もはじめて見ました。
d0176383_9403769.jpg

ぜんぜん見た目バジルっぽくないんですが、香りはしっかりバジルです、、、

穴子と胡瓜の酢の物
d0176383_108843.jpg

穴子は和える直前に香ばしく焼き上げます。


以上、なんだか和・洋・中とバラバラな夕食でございました。


〜旦那のおすすめ情報〜

ところで、大阪の方は日本橋にある「上海新天地」ってご存知ですか??
一棟丸ごと中華なビルですが、ここの3階が中華食材のスーパーになっているんです。
これがすごい!! 調味料なんて現地以上に種類豊富ですし、食材もあひるやら上海蟹やら
なんでも揃ってるんです。
中華を作るんであれば、ここに来たらあらゆる材料が格安で買えますよ!!

※大阪以外に在住の方は通販カタログもあるみたいですよ♡ 見てるだけでも楽しいと思うし無料なのでいかがでしょう?? 詳しくはホームページを見てね。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-29 09:48 | レシピ中華

奥様必見!!超簡単♡東海林さだお流チャーシュー

d0176383_1050185.jpg

日本の文壇にはグルメな方が多いですよね。
その中でも檀一雄、池波正太郎、開高健あたりが食通として有名ですが、漫画家であり
エッセイストでもある東海林さだお氏も食べ物を書かせたらこの人に勝る人はそういないと
言われるお方。

そんな東海林さだお料理の中でもあまりのインパクトゆえ密かに絶大なる支持を得る料理
があります。
それが「東海林さだお流チャーシュー」です。


僕も最初に知ったときにはえっ!!っと思い、作るときにも半信半疑でしたが、
たしかに美味しいんです!!
ちょっと信じられない感じなんです。こんな手抜きなのにと、、、、

さて、それでは紹介しましょう。 東海林さだお流チャーシューの作り方です。

用意するもの

・豚肉の塊
・醤油

 以上

作り方

1.たっぷりのお湯で豚肉の塊をゆがきます。今回はバラを使いましたが、肩ロースでも
 ももでもお好きな部位で結構です。この時、ネギも生姜も酒も何も一切入れません!!
 入れたくなるのが人情ですが、ここはグッとこらえてお湯だけでゆがきます。
d0176383_10502713.jpg

d0176383_105113.jpg

2.40〜50分して、肉に串がすっと入るようになったら湯から引き上げ醤油に漬け込みます。
 醤油はもったいないようですが、肉が浸かるくらい沢山必要です。
 ここでも醤油以外は一切入れません!! (ニンニクや生姜を入れたくなりますが我慢です!)
 僕の場合はジップロックで漬け込みます。 時間にして20〜30分くらいかな?
 時々味見をして調度良い加減になったら完成です!!
d0176383_10512295.jpg

d0176383_10513339.jpg

 以上!! ゆがいて醤油にどっぽんしただけです。

しかし食べてみるとあら不思議!? ちゃんとチャーシューの味がするんです。
それもけっこう本格的な美味しい味がするんです!!

これまで手間ヒマかけて作ってたチャーシューは何だったんだろう?と思わず自問します。
まっ、あれはあれで美味しいんだけどね。

ねっ、そこの奥様簡単でしょ!? 残った醤油は保存して、また次回に使えばいいわけだし。


さて、あまりにもチャーシューが簡単すぎて、何か肩透かしをくらった感じというか、
料理を作る充実感に飢えた感じなので、ここはひとつ中華蒸しパン「割包」を作ります。
d0176383_1054497.jpg

材料
薄力粉  200g
強力粉  100g
イースト 5g
ベーキングパウダー 5g
砂糖   10g
塩    5g
水    160〜170cc
ラード  小さじ1程度

作り方
1.上記材料をしっかり混ぜあわせ、生地がなめらかになるまで捏ねます。
2.油を薄く引いたボールに移し、室温で2倍に膨らむまで一時発酵します。
3.発酵した生地を16等分し、15分ほどベンチタイムを置きます。
4.生地を楕円形に伸ばし、その半分にごま油を薄く塗って二つ折りにします。
5.30分ほど二次発酵します。
d0176383_10543643.jpg

6.蒸気の上がった蒸し器で15分ほど蒸して完成です。
d0176383_10542264.jpg

この割包にチャーシューと白髪ねぎ、お好みでからしをつけて召し上がれ♡
d0176383_1054503.jpg


ん〜 こんなに簡単なのにやっぱしうまい(´Д`;ゞ、

割包なんか作らなくったって、旦那さま大喜びですよ♡ 



本日の副菜
d0176383_1151343.jpg

真鯛の中華風カルパッチョ
鯛のお造りに醤油・酢・砂糖・ニンニク・生姜・ラー油・ごま油のタレをかけ、
薬味をあしらいます。

d0176383_1164530.jpg

ヴィシソワーズ
バターでタマネギとジャガイモを炒め、ブイヨンを注いで柔らかくなったら
牛乳をたっぷり入れてミキサーで撹拌します。
よく冷やし、最後に生クリームを注いで完成です。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-27 11:11 | レシピ中華

中華風丸鶏の唐揚げ

d0176383_1005726.jpg

昨夜は少し趣向を凝らして、丸鶏を中華風に唐揚げにしてみました。
なんか丸鶏ってだけで気分が盛り上がっちゃいますよね♡
しかもこの広東風の唐揚げは皮がパリパリ美味しいんです。

まず、揚げる事が可能なサイズの丸鶏を用意します。
d0176383_1034925.jpg

写真では塩を振っていますが、無視しちゃってください。

ほんとは塩をして置いた鶏にお湯をかけて皮をパンと張って吊るすという行程で行きたいん
ですが、さすがにこの季節生の鶏を半日干すのもちょっと恐ろしいので、今回は一旦湯がきます。
d0176383_1054055.jpg

お湯に紹興酒・塩・生姜・ニンニク・八角・ネギ・花椒などを入れて鶏を湯がくんですが、
別に紹興酒でなくても料理酒でもいいですし、後は冷蔵庫の余り物の野菜を適当に放り込んでも
いいですよ!!

しかし、鶏がこっち見てるのが恐いです(((( ;゚Д゚))))
d0176383_1081799.jpg

でもこいつ結構男前ですね。。。

さて、30分ほど湯がいた鶏ちゃんにハチミツ・水・酢を同量で解いたものをまんべんなく
塗ってやります。これにより皮がパリッと香ばしくなり、テカリもでて美味しく仕上がります。
これを半日ほど風通しのよい場所で干してやります。
d0176383_10113850.jpg

干してる事を知らなかった嫁が、一瞬ギョッとしてました、、、、

半日干した鳥は皮が乾燥してすでに美味しそうなんですが,これを油で揚げてやります。
揚げている最中は格闘なので写真を撮るのを忘れてましたが、大型の鍋で揚げつつ
レードルで油をすくって上からかけていきます。

格闘する事20分、こんがり揚がった丸鶏ちゃん。 
胸の部分の皮が破れてしまったのが残念ですが,これもまたご愛嬌です(*'A`)y
d0176383_10155436.jpg


今回は少し趣向を凝らし、北京ダック気分を味わえるように焼鴨餅を焼きます。
焼鴨餅の作り方
小麦粉を同量の水で溶き、油・塩・砂糖少々を入れて混ぜ、冷蔵庫で30分ほど寝かせます。
フライパンに油を引かずに種を流し、クレープの要領で焼きます。
d0176383_1021339.jpg

つけタレは甜麺醤に砂糖・酒少々・ごま油少々を混ぜたものです。

タレも焼鴨餅もタレも出来た事ですし、鶏をぶつ切りにします。
d0176383_10245855.jpg

見るからに美味しそうでしょ♡
d0176383_10253634.jpg

これを焼鴨餅で巻いて頂きます!!
d0176383_10261675.jpg


ん〜 抜群にうまかです(´∀`∩)

気分を変えたければ醤油・酢・砂糖・にんにく・生姜・ネギ・ラー油を混ぜた
タレをかけて食べれば、日本の中華風の味になりますよ!!
d0176383_10285553.jpg




本日のお酒
d0176383_10365756.jpg

「Piemonte Chardonnay DOC Brut "Valle Renza」ピエモンテの泡です。
d0176383_10374590.jpg

柑橘系の爽やかさと、力強い味わいはこの料理によく合います。
泡もなかなかしっかりしています。
[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-26 10:42 | レシピ中華

夏だ!!ビールだ!!から揚げだ!!

まぁ まだ夏とは言えない空模様ですけどね、、、、(*'A`)y

気分だけでもカラッといきたいではないですか!?
そんな訳で?? 昨夜はガッツリから揚げです。
d0176383_16433998.jpg


から揚げは皆さん各家庭の流儀があると思います。我が家はわりとスタンダードな
作り方ですが,ガッツリ生姜とニンニクを効かせます。

我が家流から揚げの作り方
1.もも肉・胸肉は醤油・酒・味醂各少々と塩こしょう、ニンニクと生姜のすりおろし・
玉子1個を揉み込み、冷蔵庫で数時間漬け込みます。
d0176383_1715033.jpg

2.揚げる30分前には冷蔵庫から出し肉を常温にもどします。
 余分な水分は捨て、小麦粉と片栗粉をブレンドした粉をはたきます。
3.170℃の油でしばらく揚げ、仕上げに高温でパリッと仕上げます。
4.仕上げに花山椒と塩をゴリゴリした花椒塩をつけていただきます。
d0176383_1718161.jpg



名古屋流手羽中のから揚げ
d0176383_173166.jpg

これはビールがススムススム♥

作り方
1.鍋に醤油1、みりん1、酒0.5、はちみつor砂糖0.5くらいの割合で鍋に入れ、沸騰したら
 3〜5分煮詰めます。
 この時お好みで生姜・ニンニクのスライスを入れて風味をつけます。
d0176383_17144420.jpg

2.手羽中に軽く小麦粉をはたき、最初は低温(160℃)で7分、仕上げに高温で2〜3分
 揚げ、すかさずタレに投入します。
3.すぐザルに上げ、ゴマと黒胡椒をふりかけます。



しかし二人分なのにこのから揚げの量、、、手羽を合わせりゃたっぷり800gくらい
はあります、、、(´Д`;ゞ、
d0176383_1710775.jpg



余談ですが、、、、

うちの奥さんも実は料理作るのが上手なのですが、特にサラダとハンバーグはどうやっても
勝てません、、、、(ʘิิДʘิ)

なので、これらの料理を作る時は絶対に奥さんにやってもらいます。。。
この日はガーリック・マッシュルーム・ベーコン・レタス・セロリのサラダでした、、
d0176383_17124384.jpg

[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-13 17:16 | レシピ中華

ぷりぷり水餃子

d0176383_10261476.jpg

僕はよく出張で中国へ行くのですが、工場がある浙江省のとある小さなお店の水餃子が
大好きで、この町に来る度に水餃子ばかり食べています。

この店の水餃子の特徴は、何と言っても爽やかなセロリの風味と、ぷりぷりの具材に
あります。
僕も試行錯誤しつつ、この店の味に何とか近づきたいと日々精進している最中でありますが、
最近やっと近いものができつつあるのではないかと思います。

材料
[皮]
・強力粉 200g
・薄力粉 100g
・水   170cc
・塩   小さじ1.5

[具]
・豚ミンチ  200g
・海老    150g
・白菜    1/4個
・セロリ   葉ごと1〜2本(お好みで)
・ニラ    1/2束
・生姜    小1カケ
・醤油    大さじ1.5
・ごま油   大さじ1
・塩コショー 適宜
・五香粉   少々

〜皮を作る〜
1.皮の材料を大きめのボールに入れ、よく材料を混ぜ合わせます。
 ある程度まとまったら、生地の外側を内側に揉み込むように力をこめて
 生地を捏ねていきます。
d0176383_1043495.jpg

2.生地がまとまり光沢が出て来たら、ラップにくるんで冷蔵庫で2〜3時間
 ほど休ませます。
d0176383_10440100.jpg



〜具材を作る〜
1.白菜・セロリ・ニラはみじん切りにして、かるく塩をふってしばらく置く。
 10分ほど置くと水分が出てくるので、絞っておく。
d0176383_10502927.jpg

2.海老は殻と背わたをとりのぞき、食感が残るよう大きめにたたいておく。
d0176383_10504963.jpg

3.ボールにミンチ・海老・醤油・ごま油・塩コショー・おろし生姜・五香粉を
 入れ粘りが出るまでしっかりまぜる。
d0176383_10544794.jpg

4.絞った野菜とミンチを混ぜ合わせる。
d0176383_10545963.jpg



〜具材を包む〜
1.まな板に片栗粉を打ち粉としてふり冷蔵庫でやすませていた生地を棒状に伸ばします。
 (直径3cmくらい)
2.生地全部が30等分になるくらいに切り分けます。
d0176383_10573984.jpg

3.軽く丸め、手のひらで軽く潰し、それをのし棒で直径7〜8cmになるくらいに
 伸ばします。生地は少々厚いほうが美味しいですよ!
d0176383_10594726.jpg

4.あとは生地に具材を包んで出来上がり!!

〜ゆがく〜
1.鍋に中華スープを入れて沸かし(味覇などの固形スープでOK)、餃子とチンゲンサイを
 入れて湯がきます。
 餃子が浮いて来たら差し水を入れ、再度沸騰したら出来上がりです。
 
 僕は中国で食べた味を再現する為に、中華スープで湯がいてそのまま食べますが,
 お湯で湯がいてタレにつけて食べても美味しいです


 タレ→ポン酢に生姜・ねぎのみじん切りを入れ、お好みでラー油を入れます。
d0176383_11123911.jpg

以上、僕のオリジナル水餃子レシピですが、餃子は自由ダーーーーーー !!
っと言う精神で、お好みで好きな具材や食べ方を研究してください♡

[PR]
by t-iwakoshi | 2010-07-06 11:13 | レシピ中華


日々の夕餉をつれづれに


by t-iwakoshi

プロフィールを見る
画像一覧

こんにちは!!

旦那ことにーやんです!

毎日仕事が終われば急いでスーパーへ向かいます。

食べること。お酒を呑むことと、旅が生きがいの僕の徒然日記です。コメントもらえたら嬉しいです!
よろしくです!!

完全放置の旧ブログ
  ↓↓↓↓
http://pinarello.exblog.jp

タグ

(28)
(13)
(7)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

フォロー中のブログ

ムール貝
日々の戯れ
ローズマリーとセイジとモ...
Kaorin@フードライ...
casa di cina
あぶかも
旨メシな日常
三文釣師の釣行記とか

最新の記事

あけましておめでとうございます。
at 2011-01-07 19:21
祇園にしかわ
at 2010-09-06 18:04
味噌ダレ餃子
at 2010-08-31 01:02
和歌山町並み紀行
at 2010-08-31 00:34
心斎橋「銀平」
at 2010-08-27 10:29

カテゴリ

全体
レシピ:フレンチ
あるこーる
旨し店
レシピイタリアン
レシピ和食
レシピ中華
レシピその他
未分類

以前の記事

2011年 01月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のトラックバック

東海林さだお
from 旅とワインと酔いどれと

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧